2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またね、く~ちゃん♪
3月の終わりに

急激な体重減少と食欲激減で

急遽10日の入院になった5歳のくるみ

114_convert_20140604164555_convert_20140604170433.jpg

腎臓の数値が測れないくらい悪く

血糖値も異常に高く

糖尿病からの腎臓悪化だと思われました。


駆け込んだ時には

素人目に『もうダメかも』と。


先生も


『なんとも言えません。ダメかもしれないし、持ち直すかもしれない。


ただ、持ち直してもダラダラお金が掛かる事になりますよ。
(悪気はない言葉ですのであしからず)

全力は尽くします!』


と言われ、何も考えられず


「とにかくお願いします」と

預けて帰り


毎日、面会に通い10日で退院となる。

痩せた体に一生懸命ご飯を食べ

少しずつ体重も増加してきていました。

くるみ自体は、朝インシュリンを打つ以外

とくべつ他の子と変わりは無く

普通に暮らしていました。

最初は腎臓用の療養食を

ケージにくるみと入れて

仕事に行っていましたが

その内療養食は嫌になり

それならケージも可哀想なので

みんなと同じ食事を置き餌して

出掛けていました。



それから2カ月足らずで

あっという間に3.1kgまで増やした体重が

2.4kgまでさがり

再び入院。


今回もどうしたものかと思いつつ

くるみと先生に賭けた。

同じく毎日少しの時間だけれど面会に通い

8日目入院部屋に行く前に先生が

「今日くらいもう帰っても大丈夫ですよ」と。

前日とは打って変わって元気そうな顔で

「にゃ~ん」って出迎えてくれたくるみ


新入りのワンコが構って欲しくてずっと泣き続けるので

抱いて待合室に移動


先生の手が空くのと、会計を待って

fc2_2014-06-06_13-34-13-804.jpg

帰りました。



結果的にはきっと良くなったのではなく

おうちに帰りたくて一生懸命無理してご飯を食べたのでしょう

6月2日の夜帰ってからは

シーバを少し食べただけでした。

疲れてるんだろうと思い

悩んだ挙句、仔猫用のご飯(好物)を入れた

ケージで休んでもらいました。(他の子の追いかけっこの被害に遭わないため)


気になりながら3時くらいに寝ました。

翌3日、やはり寝転んだまま、食べようともせず

「食べなかったらインシュリン打たずに来てください」と言われていましたが

2回目の入院の時に色々考えた事もあり・・・

仕事も休めず・・・

躊躇しながら家を出た。

つい、めろさんに状態をメールし

結果、昼間様子を見に来てくれて

補液してくれた

自分が帰るので今度はmakiさんにくるみを

お願いしてくれて

5時ダッシュで帰ると

makiさんがついててくれました。


それからめろさん行きつけの先生のとこへ行き

補液してもらい

「この血糖値の高さで生きてるのは不思議です。

延命は勧めません。」

朝置いて行った時から

私もこれ以上の延命処置は望んでおらず

少しでもくるみが楽になってくれたら・・と。


で、3日分補液セットを頂いて帰りました。

不思議な事に病院から帰ったくるみに

fc2_2014-06-06_13-33-03-279.jpg

fc2_2014-06-06_13-33-24-518.jpg

fc2_2014-06-06_13-33-44-150.jpg

ずっと、付き添うソメちゃん。

普段から一緒にいるとこ見たことないのに。

顔を舐めてやりぴったりくっついて寝てた。


夜になり

ヨロヨロしながら台所のフローリングに行き

横になってたり。

9時頃だったか近所のママ友が

くるみの様子を見に来てくれて

結局、0時すぎまで側にてくれたが

「もうお帰り~」と促し

家に残ってた補液を80mlくらい入れると

暫くして一度両前足を突っ張り、頭を仰け反らしたかと思うと

(そっと頭に手を添えた)

呼吸が止まりました。

その後2~3回、ぷは~って感じの息をしました。

0時43分頃でした。

あとちょっとで6年という短い生涯でした。


うちに来て幸せだったかどうかは分かりません。

やれること全部やったとも思えません。

だけど、最期の決断は正しかったと思うし

私はくるみと暮らせて幸せでした。

この後すぐママ友がアジサイを持って駆け付けてくれて

fc2_2014-06-04_01-33-57-910.jpg


うちに咲いてたバラと一緒に飾ってやることができました。


この時も、他の2匹は(ロンと爽くん)自分の興味で寄ってきましたが
(花をとろうとしたり)


ソメはなんか違ってました。

周りの物は目に入ってない感じで

くるみの顔、ほっぺ辺りをつんつんと触っていました。


『何寝てんの~!起きて遊ぼうよ♪』とでも言ってるようでした。

ソメち、ありがとう。






あれよ、あれよと言う間に「多頭飼い」になり


神経質が多い女子はストレスなのだと思います。

くるみは、他の誰かとツルムこともあまりなく

何故か私がキッチンに立つと

後ろから声を掛け

抱っこをせがむ子でした。

おいで、と私の胸を叩くと

ジャンプして来て、抱っこされていました。


保護猫がどんどん増えていき

応えてやれない事もあったりで

だんだん諦めてきてたと、今になって思いだされ

何の役にも立たない後悔ばかりが押し寄せてきます。

こんなにまっすぐな目で意志表示してたのに

ごめんね、ごめんでは 済まないけれど。



く~ちゃん、もしも・・・こんなお母さんでも、しょうがないな~と思えたら・・・

また、抱っこさせてね。

鈍感なお母さんが『あっ、く~ちゃん、また来てくれたのね♪』

って、わかるように、ちゃんと教えてよ。

可愛いく~ちゃん、またね。 約束よ。 また来てね。



また出会って、私が気付きますように

ポチッとお願いします♪


にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

banner.png
スポンサーサイト

テーマ : 愛猫との日々
ジャンル : ペット

Secret
(非公開コメント受付中)

大好きなおうち
大好きな家族

話せない子達だから、ペットの最期の希望は飼い主側がくみ取る。。。

くるみちゃん、お疲れ様。
またね!
おうちに戻れるよう最期の力を振り絞って頑張ったくるみちゃんには頑張ったで賞を☆ソメくんの付き添いにはうるっときました(;o;)shinoさんもお疲れ様でした!くるみちゃんが毛皮を着替えて現れた時にはちゃんと気付いてあげてくださいね♪
No title
くるみちゃん、本当によく頑張ったね。
大好きなshinoさんと
大好きなお家に一緒に帰りたかったのね。
shinoさんだったから出来た決断がたくさんあったと思います。
本当に幸せな旅立ちだと感じました。

ソメちゃん、優しい子ですね。
寂しくなっちゃたけど、くるみちゃんまたきっと遊びにくるよ~。

まだお辛い中、書いてくださってありがとうございます。
へぼい私は、昨日この記事を目にしてきちんと読む事が出来ず
今やっと、一字一句読む事が出来ました。
私もshinoさん見習わないとですね。
くるみちゃん、心強いかっこいいママで幸せだったよね^^
めらまいむさん!?
どこまで行っても、本猫の気持ちは正確には解らないなら
飼い主が満足する方法が一番なのかもしれない。

ところでめろまいむさんの御親戚か何かかしら(笑)
くぴさん♪
くるみに頑張ったで賞、ありがとう。本当によく頑張ってくれました。
ソメは何だか他の事違う時があり、この時は本当にびっくりでした。

飼い主、見境なしだから・・・くるみに出会うまでに何匹拾あないといけないのかしら(笑)

鍵コメさん♪
特徴のある可愛い子でした。(見た目も正確も)
一度見たら忘れられない個性派。

きっと、首を長~くして虹の橋で待っててくれると思います。

ありがとうございました。
拍手コメさん♪
ありがとうございます。
ソメがついててくれて、なんだか嬉しかったです。
きっと元気に走り回り、私や他の家族を待ってると思います。
またくるみに出会える日を楽しみにしています。
てんママさん♪
たぶん、私はてんママさんとかと比べて、情が薄いタイプなんだとおもいます。
よそ様のブログとかで猫さんが亡くなったりって記事を読むと大泣きするのですが
いざ自分の子になると、ちょっと違うというか。
くるみの場合は、治るような病気ではなかったのと
ある程度覚悟みたいなものもできる時間があったこと
とにかく楽になれて良かったと心から思えたことで
自分なりに満足できたからかもしれません。

もう、こんなお母さんはイヤ〜って来てくれないかもしれませんが
来てくれると嬉しいな♪

プロフィール

Shino

Author:Shino

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ランキング参加中♪
新しいおうちが見つかりますように 応援よろしくお願します♪

ペット(猫) ブログランキングへ
うちの子紹介♪
Twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
body>